☆世田谷あいあいくらぶ会則

現在位置: トップページ → 会則

更新日時:2005年2月28日

「世田谷あいあいくらぶ」会則

1 総則

第1条 本会は「世田谷あいあいくらぶ」と称する。

第2条 本会は事務局を、東京都世田谷区(中略)におく。

2 目的

第3条 本会は視覚障碍者の文化福祉厚生に寄与することを目的とする。

3 活動

第4条 本会は目的を達成するために次の活動を行う。

    (1) 視覚障碍者が種々の情報を取得するための環境を検証し、パソコンによる情報、通信環境を利用して、不都合を改善する。

    (2) (1)の作業ができるボランティアを養成する。

    (3) その他本会の目的を果たすために必要なことを行う。

4 組織

第5条 本会は、本会の目的に賛同するものを持って組織する。

5 人事

第6条 本会に次の役員を置く

    代表 1名 副代表 1名 会計 1名 監査 1名

第7条 役員の任務は次の通りとする。

    (1) 代表は本会を代表し会務活動を統括し、会議を招集してその議長となる。

    (2) 副代表は代表を補佐し、代表事故あるときはその任務を代行する。

    (3) 会計は本会の財務経理を管括する。

    (4) 監査は会務活動の全般を監督考査する。

第8条 役員は総会で選出される。

第9条 役員の任期は2年とする。但し重任、再任は妨げない。中途退任者のある場合は後任者の任期はその残存期間とする。

6 会議

第10条 会議は総会と運営委員会である。

第11条 総会は全会員を以って構成する。

第12条 総会は毎年1回開き、役員の選出、予算及び決算、会則の制定及び変更その他を行う。

第13条 運営委員会は、本会の活動を推進するために必要な事項を協議し、併せて本会の執行機関となる。

第14条 運営委員会は、緊急を要する特別の事情生じたる時、総会に替える事ができる。

第15条 会議は出席者を以って成立し出席者の過半数を持って議決する。可否同数の場合は議長の判断に従う。

7 財務経理

第16条 本会の経費は寄付金その他の収入を以ってあてる。

第17条 会員が提供する労力については無償である。

第18条 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌3月31日に終わる。

8 附則

第19条 本会則の細部に関しては細則の定めるところによる。

第20条 この会則は平成15年6月1日より施行する。

▲このページの先頭へ